ニシザキ工芸株式会社 塗装部

  • ニシザキ工芸株式会社 塗装部について
  • 施工例
  • 木工塗装ライブラリー
  • お問い合わせ
ニシザキ工芸株式会社

施工例

冷蔵庫の塗りなおし

古い木製の氷冷蔵庫をアンティック風の棚に使う為に、内部の木工部分を再加工して、古さを残こす様に再塗装しました。


古さを残こす様に再塗装しました。
この古い木製の氷冷蔵庫をアンティック風の棚に使う為に、内部の木工部分を再加工して、古さを残こす様に再塗装しました。

粒状のコルクが大量に入っていました。
この木製冷蔵庫の扉(左の写真)と本体(右の写真)の内張りの中には粒状のコルクが大量に入っていました。とりあえず、コレらを除去。

 「コルク入」が特許!?
本体前面にこんなプレートが。 「コルク入」が特許!?今から何十年前に製造されたのだろうか、時代を感じさせます。

新しい杉板に張り直しました新しい杉板に張り直しました
コルクを除去後、木製冷蔵庫の内部を清掃して、新しい杉板に張り直しました。無垢の杉の香りが心地よいです。
上下二枚の扉の境で、内部に、棚板になるしきいを一枚入れました。前の状態にはなかったのですが、お客様のリクエストで付けました。

使われていた金物もイイ味わいになっていました。
使われていた金物もイイ味わいになっていました。
時代が表れます。

木製冷蔵庫を全体的に洗浄して、再塗装を施して完成です。
木製冷蔵庫を全体的に洗浄して、再塗装を施して完成です。
塗装のポイントは、ひどい傷等は補修して、味わいのある凹みやシミ等は残して少し艶を控えめに塗った所です。
新しさの中に古さを感じられる、まさにアンティック風です

冷蔵庫の塗りなおし
本体の内部と扉の裏はこんな感じになりました。
思い入れのある家具をまた新しい形で蘇らせて使い込んでいく事はとても素晴らしい事だと思います(リサイクルの意味もありますし)新居に移る際、インテリアをリニューアルさせたい時など、どうですか?塗りなおしてみては?思い入れがあったり、高級な家具などはなかなか捨てられないですよね。