ニシザキ工芸株式会社 塗装部

  • ニシザキ工芸株式会社 塗装部について
  • 施工例
  • 木工塗装ライブラリー
  • お問い合わせ
ニシザキ工芸株式会社

木材塗装ライブラリー

カシューが漆と大きく違う点

カシュー塗料の乾燥の仕組(2)

カシュー塗料の乾燥の仕組もうひとつ、カシュー塗料と漆が大きく違う点がある。それは酵素の有無で、漆にはウルシオールを酸化重合して硬化させる酵素が含まれているが、カシュー塗料にはこの働きをする酵素が入っていないことである。「漆にそっくりの塗料」を人工的に製造するには「酸素を運搬して、硬化させる物質」が必要だった。主成分を酸化重合で乾燥させる(つまり硬化させる)ための酸化剤で、これを発見するのに苦しんだのだという。

この酸化材はマンガン等の金属類で、塗料の中に混入してある。だからカシュー塗料は「1液型」である。従ってその塗装法は漆にくらべてずっと簡単で、ごく普通の1液型塗料と同じである。刷毛塗りでもスプレーガン吹付塗装でも出来る。しかも常温の天然乾燥で充分に乾く。乾くまでホコリにさえ気を付ければ、塗ったらそのまま放置しておけばいい。乾燥時間は常温で15~20時間である。 ほかの合成樹脂塗料にくらべれば乾燥時間は長い方だけれど、漆との比較で言えばそう長いというわけではない。そして現在は、もっと早く乾く「2液型カシュー」も開発された(後述)から、乾燥の点でもほかの合成樹脂塗料に肉迫したと言えるだろう。


漆に一歩譲るところがある

もうおわかりの通り、カシュー塗料は漆の短所を補い、長所はこれを更に助長するために開発された塗料である。けれども厳密に比較すると、カシュー塗りは漆塗に一歩譲る点がいくつかある。

1. 塗装直後の「匂い」が違う 漆塗には独特の「匂い」がある。とにかくあの「何とも言えない匂い」があって、それがカシュー塗と微妙に違う。ただし、この匂いは時間がたつと両者ともに消えるから、塗装直後の少しの間の「違い」である。

2. 総合的な耐久性は漆が抜群である 塗料としての漆とその作品である漆塗の歴史は古い。現存するもので千年以上を経たものがたくさん残っている。総合的な耐久性と美を保存するという点では折り紙つきで、他のいかなる塗料や絵の具でも太刀打ちできないだろう。一方のカシューはまだ40余年の歴史しかないから、漆と比較されたら勝負にならない。ただし,この耐久性能が漆に劣るのはカシューだけのことではなくて、一般的に言って、いずれも漆よりは劣化は早い。だからカシューだけが漆とくらべられるのは、気の毒というものなのである。

3. 漆塗の方が「しっとり感」あり 漆はエマルジョンの状態で採取される天然原料である。この中にはウルシオールのほかにもゴム質(多糖質)や含窒物などが含まれている。これらが全て集まり固まってあの漆の塗膜となる。何とも言えない「しっとり感」はここから生じる。
カシュー塗料の原料も天然油だけれど、製造する過程で不純物を完全に取り除いてしまうので、漆のように「保湿剤」となる物質はない。だから漆にくらべると「しっとり感」に欠けると評されることになる。この点は一長一短である。漆は保湿材が含まれているから、維持保存するためには固まったあとでも湿度が必要である。デパートなどの漆器売場に、水がはいったコップが必ず置いてあるのはそのためである。カシュー塗ならこの心配は全く不要である。

4. 「ふっくら感」でも負け 漆の塗膜は、顕微鏡で拡大して見ると凸状にふくらんでおり典型例は春慶塗である。一方のカシュー塗は、同じく拡大して見ると凹状にへこんでいる。この差が、視覚的な違いとなって現れる。曖昧な評価ではあるけれど、カシュー塗は漆塗にくらべて「ふっくら感」と「ふかみ感」に欠ける、と評価されている。

以上が、カシュー塗が漆に勝てない部分である。そして、この部分こそが「本漆(ほんうるし)の味」と呼ばれるわけで、短絡的な人は「だからカシューは漆のまがいものだ」などと口ばしることになる。


カシューの方が優れているところ

カシュー塗は感覚的、主観的評価では漆に一歩を譲るが、漆には絶対に負けない特徴がたくさんあるから、これも述べておこう。いや、カシュー塗料のその特色を述べるのだが、今回の目的なのである。

1. 紫外線にはめっぽう強い カシューが漆よりずっと優れている特徴の筆頭は、紫外線に対してとても強いことである。漆は、日光に当たると急激に劣化する。だから私たち日本人は、漆器はなるべく家の中で使うことが常識だった。建物の外部に何かを塗る必要に迫られたときは、私たちのご先祖は弁柄べんがらや柿渋を塗った。漆はごく上等の建物、たとえば神社仏閣などにしか塗られなかったし、塗ったら必ず定期的に補修したのである。カシューは紫外線にめっぽう強いから、建物の外部に塗っても平気である。現在の神社仏閣の外部塗装は文化財などの例外を除けば、大半がカシュー塗である。

2. 色の選択は自由自在である ご存じの通り漆で使える色には、様々な制約がある。ところがカシュー塗料では、色はほぼ自由自在に選べて、使える。ただし、「カシュー透すき」と呼ばれる透明のタイプは、その名に似合わず、少し「茶褐色がかった透明」に仕上がる。これはカシュー油オイルそのものにうっすらと茶褐色の色がついているからで、これさえ心得ていればあとの色は自由に選べる、と考えてもらっていいとプロはいう。

3. 熱やアルコールでも「白化」しない 漆塗の机にウィスキーをこぼすと、白く変色することがある。これが漆の弱点で、漆の中に含まれるゴム質がこの「白化」の犯人だといわれている。カシュー塗は、熱とアルコールにも強く、白化することはまずない。だから普段用の机や器物なら、カシュー塗の方が安心して使える。表情は漆にそっくりで、色も自由に選べて、しかも白化の心配もないのだから、普段用の「塗物ぬりもの」にはもってこいである。デザイナーなら、創作意欲を刺戟されるはずである。

4. 塗装工程もずっと簡単である この点では随所述べたので、ここでは繰り返さないけれど、注意点が一つある。それは、気を付けないと「縮み」がでることである。だからこの塗料を塗るには、ある程度以上の技術レベルが必要である。

5. 天然乾燥で簡単 これについてもすでに随所で述べた通りで、冬場でも塗って1晩放置すれば乾く。この塗料は、人間が一番生活しやすい季節(気温10~15度C)のときに最もよく乾く。この点でも扱いやすい塗料と言えるのである。しかも漆より乾きは早い。ただし、他の合成樹脂塗料に比べると遅いということになる。

6. 値段は総合して漆の3分の1 塗装に必要な費用を比較するのは、条件が様々に違うのでなかなか難しいけれど、同じものをカシューと漆で仕上げた「総合評価」で比べると、カシュー塗のほうが漆の約3分の1で済む。言うまでもなく、安いことは大きな魅力である。


「漆の文化圏」のための塗料である

わが国の年間の塗料の全消費量は、この数年間200~220万トンで、このうちの6割強は自動車に塗られている。カシュー塗料はこのうちの約4千トンで、量で見ればずっとマイナーな存在だが、これを漆の消費量と比較してみると、分かることがある。漆の消費量はいま、年間で300~320トンだという。カシュー塗料の10分の1以下で、しかも国産はたったの5トンしかない。残る3百余トンはすべて輸入で、その量は絶対的に不足である。
ところがわが国の漆関連産業の総売上高は、もう1500億円を越えている。この売上高を本漆だけで達成するのはほとんど不可能で、もしこのカシュー塗料がなかったら、とてもこれだけの産業規模を維持することはできなかったはずだという。その代表的な1例が仏壇業界で、もしこれがなかったら現在の業界規模にはなれなかったと言われている。

もうお分かりの通りカシュー塗料は「漆の文化圏」の人々が教授できる特別な塗料で、漆のよさをわかる人々がいる限り、絶対に必要な基礎材料なのである。決して漆の代用品ではないのである。
たとえば漆の味わいや雰囲気はほしいけれど、気兼ねしながら恐る恐る使うのは気が重い、という場合がある。もし椀や盆や机が気軽に使えたら、ためらわずに塗物(ぬりもの)を使うという人は多い。こういう「塗物の文化」をなくさないためにも、カシュー塗は大事な存在なのである。


カシュー+ウレタン塗料が誕生

カシュー塗料の弱点は乾燥が合成樹脂塗料に比べると遅いことで、これさえ解決すれば実に優れた「漆系塗料」である。そしてついに、漆の長所とカシューの長所を併せ持ち、しかも現代にマッチした乾燥速度を達成した塗料が開発された。
それがカシュー㈱の「かしゅーうるし」という名前の塗料である。ここではごく大まかな特徴だけ紹介しておくが、タイプ違いが何種かあるから、詳しく知りたい向きは資料を取り寄せてみるといいだろう。これは「カルダノール・ウレタン樹脂塗料」と呼ばれるもので、ウレタン系の樹脂を加えて乾燥時間をグンと短縮することに成功したという。従来のカシューの約半分になって、ほぼ4~8時間で乾くようになった。これでもう一般の合成樹脂塗料と遜色ないくらいになった。
このカルダノール・ウレタン樹脂塗料は2液型にはなったけれどごく普通の2液タイプと同じ扱いでよく、とりたてて難しいことはない。工業的な側面で評価すれば、「縮み」などの欠点も解決されてむしろ塗りやすくなったという。

ウレタン樹脂が加わって乾燥時間が短くなった代わり、塗膜の表情は「カシューの味」つまり「漆的な味わい」が少し減ったという。ウレタン塗料のあの「硬い感じ」が増して、やや合成樹脂塗装の味が勝っている。漆調の味わいを残した合成樹脂塗装といってもいいだろう。その分だけ工業的に量産も進めやすくなっているという。

工作社「室内」設計者のための塗装岡田紘史著より